日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB接触認めるも…「工藤監督」誕生のカギを握る“美人妻”

 今季限りでの秋山監督の辞任が決まったソフトバンクの後藤球団社長は15日、後任について「ホークスのためになり、ホークスが強くなる人物。ホークスらしい人選を心がけたい」と話した。

 本命はOBで名球会左腕の工藤公康氏(51)。ソフトバンク王貞治球団会長(74)が15日に東京都内で、今季限りで退任する秋山幸二監督(51)の後任候補、工藤氏と会っていたことを認めた。「あくまで別件」と語ったものの、会談したことは否定せず、工藤氏に対して監督就任の打診を行ったともっぱらだ。

 就任のネックは何か? 工藤氏に近い関係者は、「夫人の意向は無視できないでしょう」とこう続ける。

「工藤は、『今のオレがあるのは母ちゃんのおかげ』が口癖。西武での若手時代、遊びも酒も好き勝手にやっていた工藤の生活を改めさせ、トレーニングから食生活まで徹底的に勉強し、29年の現役生活を支えた。工藤が今年から筑波大大学院に進み、修士号取得を全面的にバックアップしているのも夫人。亭主の決断に口を出すことはしないだろうが、工藤は間違いなく夫人と家族のことを第一に考えますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事