解任寸前から日本一目指す 阪神和田監督に備わる「3つの運」

公開日: 更新日:

「強運というか、悪運が強いというか……」

 阪神ベテランOBが、和田豊監督(52)についてこう語る。

 10月初旬に来季続投が決定するまで紆余曲折があった。8月下旬に南球団社長が来季続投の方針を発表したが、9月上旬に中日、巨人に6連敗。親会社は昨年に続く9月の大失速を懸念し、来季続投は白紙になった。あわや「解任」の指揮官が、いまや広島、巨人を倒して日本一に上り詰めようとしている。

「親会社は一時、昨オフに招聘した掛布雅之育成・打撃コーディネーター(59)を監督にしたい気持ちもあったようだ。しかし、借金問題が予想以上に難題となっていて、消さざるを得なかった。そして9月の6連敗で岡田彰布元監督(56)の再登板がウワサされた。全日程終了後の10月6日、広島が巨人に勝っていれば阪神は3位。岡田再登板という運びになったかもしれないが、広島の自滅で2位が確定。掛布、岡田という大物OBを吹き飛ばして続投が決まったのは、和田の力でもぎ取ったものではない。運があったとしか言いようがない」(前出OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る