ドラ1安楽の“教育係” 楽天・松井裕には「プラス材料」のワケ

公開日:  更新日:

「1年間、先発ローテとしてフルに戦い、規定投球回数をクリアして、チームメートのみなさん、ファンのみなさんと一緒に頑張っていきたいです!」

 アップ後のグラウンドに楽天の2年目、松井裕樹(19)の声が響いた。

 昨季は先発として4勝8敗、防御率3.80。116イニングで75四死球と制球に苦しんだ。それでもシーズン終盤に欠点を克服。今季こそ開幕から、という気持ちは強いはずだ。

 そんな松井に今キャンプで与えられた役割が、ドラ1ルーキー、安楽智大(18)の教育係だ。松井も安楽同様、昨年は高卒ルーキーながら一軍キャンプに参加。そんな経験も踏まえてのことだろう。

 しかし、今の松井に後輩の面倒を見ている余裕などあるのか。松井が中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「むしろプラスに働くのでは」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る