ドラ1安楽の“教育係” 楽天・松井裕には「プラス材料」のワケ

公開日:  更新日:

「1年間、先発ローテとしてフルに戦い、規定投球回数をクリアして、チームメートのみなさん、ファンのみなさんと一緒に頑張っていきたいです!」

 アップ後のグラウンドに楽天の2年目、松井裕樹(19)の声が響いた。

 昨季は先発として4勝8敗、防御率3.80。116イニングで75四死球と制球に苦しんだ。それでもシーズン終盤に欠点を克服。今季こそ開幕から、という気持ちは強いはずだ。

 そんな松井に今キャンプで与えられた役割が、ドラ1ルーキー、安楽智大(18)の教育係だ。松井も安楽同様、昨年は高卒ルーキーながら一軍キャンプに参加。そんな経験も踏まえてのことだろう。

 しかし、今の松井に後輩の面倒を見ている余裕などあるのか。松井が中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「むしろプラスに働くのでは」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る