先発初勝利も今後は悶々…松井裕を苦しめる楽天リリーフ陣

公開日: 更新日:

 薄氷を踏むようだった。楽天のルーキー、松井裕樹(18)が13日のソフトバンク戦で先発初勝利を果たした。これが2勝目(5敗)ながら、プロ初勝利はリリーフとしてのもの。先発復帰後4試合目にして、ようやく手にした念願の白星だ。

 もっとも、当の松井はヒヤヒヤだったはず。それまで1安打無失点に抑えていたが、5点リードで迎えた七回に2失点。球数は130球を超え、NHKで解説していた小久保裕紀日本代表監督も、「いっぱいいっぱいなのかなあ、というのが見受けられますね」と話していた。

 松井はプロ入り前から「課題は体力」といわれていた。しかも、まだ高卒1年目だけに、疲労でボールの質が落ちたとしても無理はない。

 しかしそれより何より、松井を苦しめたのは脆弱なリリーフ陣。先発復帰後、リリーフに勝ち星を消されること2回。前回登板では5点リードをひっくり返された。この日も3点リードの八回に福山が2失点。ベンチで見守る松井は1球ごとに一喜一憂し、福山が三振で3アウト目を取った時などは思わずベンチを飛び出したほどだ。

 ヒーローインタビューでは、「なかなか(先発で)勝ててなかったのでうれしい。中継ぎにもたくさん迷惑をかけてきたので」と話したものの、今後も完投でもしない限りは、降板後にベンチで悶々とするのは避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る