安楽獲得でデーブ監督大はしゃぎも 周囲が気を揉む酷使懸念

公開日: 更新日:

「大、大、大満足! 完璧でしょ!」

 ドラフト会議後、満面の笑みでこう絶叫したのが楽天の大久保新監督(47)。ドラフト前の予想では、有原(早大)か岡本(智弁学園)の1位指名が濃厚と言われたが、「(ドラフト会議の)直前に決めた」と競合覚悟で安楽智大(済美)にチェンジ。「一本釣り」をもくろんでいたヤクルトとの抽選の結果、見事に高校ナンバーワン右腕を「強奪」。大はしゃぎしたのも当然だろう。150キロ超えの直球を持つ超高校級右腕なら、今季の松井裕のように高卒ルーキーでも1年目から使える可能性はある。

 しかし、チーム内では早くも即戦力での起用を避け、「安楽を大久保監督から隔離するべき」との声がある。ある球団OBが言う。

「デーブさんは星野監督のマスコミ操縦術やファンの喜ばせ方を見てきた。安楽を先発ローテに入れて1年目から2ケタ勝利でも挙げさせたなら、高卒1年目で16勝を挙げた松坂大輔(メッツ)のように全国区の人気者になるかもしれない。そうなれば自分の手柄にもなる。その辺は計算高い人だからね。でも、春季キャンプからアーリーワーク(早出練習)や投げ込みを強要したら右ヒジに故障歴がある安楽はすぐにぶっ壊れる。1、2年はファームに置いてじっくり育てた方がいい」

 楽天の立花球団社長も、「今年のチーム成績(最下位)を考えれば、(育成に時間がかかる高校生指名は)相反するが、ウチは長期的な視野も必要」と話した。

 すでに球団社長はそのつもりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る