• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3試合勝星なしも 数字で見えてきた楽天・松井裕の“安定感”

 楽天の黄金ルーキー・松井裕樹(18)がまた泥沼にはまりこんでいる。8月13日のソフトバンク戦で先発初勝利を挙げながら、続く2試合は連敗。昨2日の日本ハム戦でも五回に崩れて、結局6回6安打2失点(3四死球)。その後、味方が同点に追いついたため黒星こそ逃れたものの3試合連続で白星を逃した。

「序盤に相手打線に粘られて球数が増えた。少しでも球数を減らして、長いイニングを投げなければいけない。そこは反省すべき」とは本人の弁。星野監督も思うように勝ち星が伸ばせない黄金ルーキーのふがいなさにベンチで憮然とした表情を見せていたが、ちょっと待ったではないだろうか。

■制球難も克服

 確かに松井裕はこの日を含め11試合の先発登板でわずか1勝(7敗)しかしていない。しかし、中継ぎ調整を経て本格的に先発復帰した7月23日からこの日までの7試合の登板内容に限れば、十分に先発投手の役割は果たしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る