• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デーブ監督絶賛も…楽天・安楽のブルペン入りは“諸刃の剣”

「オレ、バッター目線で見たけど……(内角に)差された」

 ブルペン捕手の後ろから見守った楽天の大久保監督が、思わずこううなった。

 ドラフト1位右腕の安楽智大(18)が2日、初めてブルペン入り。捕手を立たせて、直球を中心に42球を投げた。懸念されている右ヒジについては「不安はない」と言い、「まだ本調子じゃない。ブルペンに入れただけでも収穫」と笑みを見せた。

 楽天首脳陣が恐れているのが右ヒジ痛の再発。772球を投げた高校2年の春の甲子園後に痛め、昨年もケガの影響に悩まされていた。他の日本人投手が全員初日からブルペンに入る中、首脳陣が安楽だけストップさせたのは無理をさせないためだ。

 そんな安楽を一軍キャンプに抜擢したのは、目の届くところに置いて管理するためといわれている。本人が「右ヒジはもう大丈夫」と言っている以上、二軍スタートでは「早く一軍に」という気持ちが先行しすぎて、むちゃなアピールもしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る