デーブ監督絶賛も…楽天・安楽のブルペン入りは“諸刃の剣”

公開日: 更新日:

「オレ、バッター目線で見たけど……(内角に)差された」

 ブルペン捕手の後ろから見守った楽天の大久保監督が、思わずこううなった。

 ドラフト1位右腕の安楽智大(18)が2日、初めてブルペン入り。捕手を立たせて、直球を中心に42球を投げた。懸念されている右ヒジについては「不安はない」と言い、「まだ本調子じゃない。ブルペンに入れただけでも収穫」と笑みを見せた。

 楽天首脳陣が恐れているのが右ヒジ痛の再発。772球を投げた高校2年の春の甲子園後に痛め、昨年もケガの影響に悩まされていた。他の日本人投手が全員初日からブルペンに入る中、首脳陣が安楽だけストップさせたのは無理をさせないためだ。

 そんな安楽を一軍キャンプに抜擢したのは、目の届くところに置いて管理するためといわれている。本人が「右ヒジはもう大丈夫」と言っている以上、二軍スタートでは「早く一軍に」という気持ちが先行しすぎて、むちゃなアピールもしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る