デーブ監督絶賛も…楽天・安楽のブルペン入りは“諸刃の剣”

公開日:  更新日:

「オレ、バッター目線で見たけど……(内角に)差された」

 ブルペン捕手の後ろから見守った楽天の大久保監督が、思わずこううなった。

 ドラフト1位右腕の安楽智大(18)が2日、初めてブルペン入り。捕手を立たせて、直球を中心に42球を投げた。懸念されている右ヒジについては「不安はない」と言い、「まだ本調子じゃない。ブルペンに入れただけでも収穫」と笑みを見せた。

 楽天首脳陣が恐れているのが右ヒジ痛の再発。772球を投げた高校2年の春の甲子園後に痛め、昨年もケガの影響に悩まされていた。他の日本人投手が全員初日からブルペンに入る中、首脳陣が安楽だけストップさせたのは無理をさせないためだ。

 そんな安楽を一軍キャンプに抜擢したのは、目の届くところに置いて管理するためといわれている。本人が「右ヒジはもう大丈夫」と言っている以上、二軍スタートでは「早く一軍に」という気持ちが先行しすぎて、むちゃなアピールもしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る