“経験者”橋本清氏がマー君心配 「肘痛消えても防御反応厄介」

公開日:  更新日:

 キャンプ地のフロリダ州タンパで行われた21日のヤンキース田中将大(26)の会見では、米メディアから矢継ぎ早に飛んだ13の質問のうち、実に8問が「完全に治っていると言える自信はどこからくるのか」など、右肘に関してだった。

「試合に勝つ負けるということより、ボクの肘が切れるか切れないかの方が注目されているのかなっていう気分」

 明らかにうんざりした表情と口調でそう答えた田中だが、年俸2200万ドル(約26億円)、7年総額1億5500万ドル(約184億円)で入団しながら、1年目の7月にいきなり故障で離脱した日本人投手を見る米メディアの目はシビアだ。

 それも去ることながら、国内には田中マー君の右肘を心配するOBもいる。評論家の橋本清氏(45)もその一人だ。

「試合中にボールを投げた瞬間、自分のヒジからバッチーン! という音がした。前兆はまったくありませんでした。だから、怖いんです。田中マー君には本当に慎重にやって欲しいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る