“経験者”橋本清氏がマー君心配 「肘痛消えても防御反応厄介」

公開日: 更新日:

 キャンプ地のフロリダ州タンパで行われた21日のヤンキース田中将大(26)の会見では、米メディアから矢継ぎ早に飛んだ13の質問のうち、実に8問が「完全に治っていると言える自信はどこからくるのか」など、右肘に関してだった。

「試合に勝つ負けるということより、ボクの肘が切れるか切れないかの方が注目されているのかなっていう気分」

 明らかにうんざりした表情と口調でそう答えた田中だが、年俸2200万ドル(約26億円)、7年総額1億5500万ドル(約184億円)で入団しながら、1年目の7月にいきなり故障で離脱した日本人投手を見る米メディアの目はシビアだ。

 それも去ることながら、国内には田中マー君の右肘を心配するOBもいる。評論家の橋本清氏(45)もその一人だ。

「試合中にボールを投げた瞬間、自分のヒジからバッチーン! という音がした。前兆はまったくありませんでした。だから、怖いんです。田中マー君には本当に慎重にやって欲しいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る