キャンプ地で始動のヤンキース田中 初日から周囲の評価上々

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)がエンジン全開である。

 メジャー2年目を迎える右腕は17日(日本時間18日)、21日からのバッテリー組のキャンプに備えてフロリダ州タンパのマイナー施設で始動した。

 クラブハウス内でトレーニングを約1時間こなした後、グラウンドに出てキャッチボールを開始。徐々に距離を伸ばし、約70メートルの遠投を行った。最後はロスチャイルド投手コーチが見守る中、約18メートルの距離で変化球も交えて16球を投げ込むなど、患部に異常がないことをアピールした。

 練習後の田中は日米の報道陣に対応することなく、自主トレ初日を終えたが、周囲の評価は上々だ。

 キャッチボールの相手を務めたイバン・ノバ投手は「(田中は)順調なようだ。(故障する前と)同じように見えた。相当、ハードに練習してきたのだろう」と舌を巻いた。

 エース左腕サバシアは昨季メスを入れた右膝は完治しているものの、調整が遅れている。2年目で初の開幕投手を務める可能性もあるが、飛ばし過ぎると右肘が再びパンクするリスクもはらんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る