• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャンプ地で始動のヤンキース田中 初日から周囲の評価上々

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)がエンジン全開である。

 メジャー2年目を迎える右腕は17日(日本時間18日)、21日からのバッテリー組のキャンプに備えてフロリダ州タンパのマイナー施設で始動した。

 クラブハウス内でトレーニングを約1時間こなした後、グラウンドに出てキャッチボールを開始。徐々に距離を伸ばし、約70メートルの遠投を行った。最後はロスチャイルド投手コーチが見守る中、約18メートルの距離で変化球も交えて16球を投げ込むなど、患部に異常がないことをアピールした。

 練習後の田中は日米の報道陣に対応することなく、自主トレ初日を終えたが、周囲の評価は上々だ。

 キャッチボールの相手を務めたイバン・ノバ投手は「(田中は)順調なようだ。(故障する前と)同じように見えた。相当、ハードに練習してきたのだろう」と舌を巻いた。

 エース左腕サバシアは昨季メスを入れた右膝は完治しているものの、調整が遅れている。2年目で初の開幕投手を務める可能性もあるが、飛ばし過ぎると右肘が再びパンクするリスクもはらんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る