ヤンキース田中 2年目のオープン戦は首脳陣が“徹底監視”

公開日:  更新日:

 ヤンキースの首脳陣があらためて田中将大(26)の復調に期待を寄せた。

 ラリー・ロスチャイルド投手コーチは9日(日本時間10日)、キャンプ地フロリダ州タンパで米メディアの取材に応じ、右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指す田中について「彼はいい冬(オフ)を過ごした」と調整が順調なことを明かした。

 昨季、右肘を故障した際には、米国でオフ返上でのリハビリも検討された。シーズン中の復帰は危ぶまれたが、9月21日のブルージェイズ戦、27日のレッドソックス戦の2試合に登板して不安を払拭した。

 ロスチャイルド投手コーチは「最後の登板(1回3分の2を7安打7失点)の内容は良くなかったが、彼は調子が悪いと感じてなかったようだ」としながらも、7年総額1億5500万ドル(約186億円)を投じた右腕は懸念材料のひとつだからだろう。「何人かの選手は万全の状態でキャンプ、オープン戦を送れるように管理しなければならない。田中もそのうちの一人」と話し、患部の再発防止に向けて細心の注意を払うとした。メジャー2年目のキャンプはルーキーイヤーだった昨年以上に投手コーチから徹底監視されそうだ。

 なお田中は、10日渡米して自宅のあるニューヨークに滞在し、21日から始まるバッテリー組のキャンプに備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る