• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中 2年目のオープン戦は首脳陣が“徹底監視”

 ヤンキースの首脳陣があらためて田中将大(26)の復調に期待を寄せた。

 ラリー・ロスチャイルド投手コーチは9日(日本時間10日)、キャンプ地フロリダ州タンパで米メディアの取材に応じ、右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指す田中について「彼はいい冬(オフ)を過ごした」と調整が順調なことを明かした。

 昨季、右肘を故障した際には、米国でオフ返上でのリハビリも検討された。シーズン中の復帰は危ぶまれたが、9月21日のブルージェイズ戦、27日のレッドソックス戦の2試合に登板して不安を払拭した。

 ロスチャイルド投手コーチは「最後の登板(1回3分の2を7安打7失点)の内容は良くなかったが、彼は調子が悪いと感じてなかったようだ」としながらも、7年総額1億5500万ドル(約186億円)を投じた右腕は懸念材料のひとつだからだろう。「何人かの選手は万全の状態でキャンプ、オープン戦を送れるように管理しなければならない。田中もそのうちの一人」と話し、患部の再発防止に向けて細心の注意を払うとした。メジャー2年目のキャンプはルーキーイヤーだった昨年以上に投手コーチから徹底監視されそうだ。

 なお田中は、10日渡米して自宅のあるニューヨークに滞在し、21日から始まるバッテリー組のキャンプに備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る