• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース投手コーチが明かした田中将の右ひじ守る“秘策”

 投手陣に不安がささやかれるヤンキースが、大胆な起用法を検討しているという。

 先発ローテーションの6人制を敷くというのだ。ラリー・ロスチャイルド投手コーチは18日(日本時間19日)、フロリダ州タンパのキャンプ地で米メディアの取材に応じ、通常は5人のローテーションをシーズン当初のみ、6人で回す考えを明かしたという。

 今季のヤンキースは、序盤から過密日程だ。4月17日のレイズ戦を皮切りに、31日間で30試合を消化する日程が組まれている。ロスチャイルド投手コーチは「あくまでも先発陣の負担を軽くするための一時的な措置」としているが、左右両エースのコンディション管理を重視してのものだろう。

 今季のヤンキース先発陣はサバシア、田中の左右の両エースの他、ピネダ、イオバルディ、カプアーノの5人。このうち、昨季、右肘靱帯を部分断裂した田中に加え、右膝手術のサバシア、右肩痛から復帰のピネダと故障明けの投手が3人もいて、決して万全の状態ではない。前半戦から故障者が続出した昨季の二の舞いを避けるため、田中、サバシアらの先発陣に休養を与えて、シーズンを通して働かせるつもりのようだ。

 もっとも、メジャーの先発投手は中4日での調整が身についている。シーズン序盤の一時的な措置とはいえ、田中を筆頭にヤンキース先発陣は調整のリズムに狂いが生じかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る