監督も選手も…甲子園で最も重要な「平常心」と「経験値」

公開日:  更新日:

「甲子園球場の大観衆を前に、ボク自身、緊張しましたしね。生徒ももちろん、最初は地に足がついてませんよ。で、プレーボール直後の初回、いきなり大量点を取られて……中盤以降、投手も自分のリズムを取り戻しましたけど、初回の大量点でもう、勝負の行方は決まったようなものでしたね」

 かつて自身初の甲子園を経験したある学校の監督の体験談だ。初戦で常連校と対戦。ヨーイドンで大量点を奪われ、あっけなく敗退した。イニングが進むにつれ、選手も平常心を取り戻していったものの、時すでに遅しだったという。

 そこへいくと監督や選手が甲子園を経験している学校は違う。少なくとも、訳が分からないまま土を持って帰るなんてことはあり得ない。甲子園ではそれだけ経験値が重要になる。

 ちなみに春夏連続出場は仙台育英(宮城)、健大高崎(群馬)、静岡(静岡)、敦賀気比(福井)、天理(奈良)、今治西(愛媛)、九州学院(熊本)の7校。夏に2年以上続けて出ているのは聖光学院(福島)、作新学院(栃木)、健大高崎、東海大相模(神奈川)、東海大甲府(山梨)、静岡、敦賀気比、鳴門(徳島)、明徳義塾(高知)、九州国際大付(福岡)の10校だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る