監督も選手も…甲子園で最も重要な「平常心」と「経験値」

公開日:  更新日:

「甲子園球場の大観衆を前に、ボク自身、緊張しましたしね。生徒ももちろん、最初は地に足がついてませんよ。で、プレーボール直後の初回、いきなり大量点を取られて……中盤以降、投手も自分のリズムを取り戻しましたけど、初回の大量点でもう、勝負の行方は決まったようなものでしたね」

 かつて自身初の甲子園を経験したある学校の監督の体験談だ。初戦で常連校と対戦。ヨーイドンで大量点を奪われ、あっけなく敗退した。イニングが進むにつれ、選手も平常心を取り戻していったものの、時すでに遅しだったという。

 そこへいくと監督や選手が甲子園を経験している学校は違う。少なくとも、訳が分からないまま土を持って帰るなんてことはあり得ない。甲子園ではそれだけ経験値が重要になる。

 ちなみに春夏連続出場は仙台育英(宮城)、健大高崎(群馬)、静岡(静岡)、敦賀気比(福井)、天理(奈良)、今治西(愛媛)、九州学院(熊本)の7校。夏に2年以上続けて出ているのは聖光学院(福島)、作新学院(栃木)、健大高崎、東海大相模(神奈川)、東海大甲府(山梨)、静岡、敦賀気比、鳴門(徳島)、明徳義塾(高知)、九州国際大付(福岡)の10校だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る