渡辺元智氏勇退の横浜高 命運を握る平田徹新監督の素顔

公開日:  更新日:

【前横浜高校野球部部長・小倉誠一郎氏 特別寄稿】

 高校野球の一時代が終わったと感じる。

 28日、横浜は神奈川大会決勝で東海大相模に敗れ、今夏限りでの退任を表明している渡辺元智監督(70)のラストゲームとなった。今後は総監督の立場でチームをサポートする。

 渡辺は長年、病気と闘ってきた。89年には胃かいようで長期入院。2年間部長を務めた時期もある。04年には脳梗塞で倒れ、その後は体力強化のため、練習前に毎日グラウンドを2時間ほどウオーキングするのが日課となっていた。体調管理には気を配っていたが、近年は腰痛やメニエール症候群も発症。「体力の限界」と漏らしていた。

 横浜の野球部で同期だった渡辺とは通算20年以上もコンビを組んだ。かつては「一緒に辞めよう」と話していたが、二人三脚で歩んできた私が一足先、昨夏にチームを去ったことで負担が増えたようだ。甲子園歴代3位タイの51勝。長い間お疲れさま、と言いたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る