• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポーツ紙も増員 甲子園で清宮を待つ“メディアスクラム”

 東京・八王子市にある早実(西東京)のグラウンドに報道陣が押し寄せた。26日に夏の甲子園出場を決めてから初の練習公開。フリー打撃で目当ての清宮幸太郎(1年)が推定125メートルの場外弾を放つと、20社50人の報道陣は大興奮だった。

「騒がれているけど、活躍がそれに追いついてない。注目や期待に追いつけるように精進したい」 練習後、4日ぶりに取材に応じた怪物候補はそう言って表情を引き締めたが、甲子園ではさらなる“メディアスクラム”に巻き込まれる。

「うちは6日開幕の甲子園に備えて5人の取材チームを組んだ。昨年が3人だから2人増。1人は清宮に張りつかせ、もう1人はそのサポート。他校の試合は見なくていいと言っている。朝から晩までベタづき。試合はもちろん、練習でも1面をつくるという態勢。当然カメラマンも同様です」(スポーツ紙デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る