スポーツ紙も増員 甲子園で清宮を待つ“メディアスクラム”

公開日:  更新日:

 東京・八王子市にある早実(西東京)のグラウンドに報道陣が押し寄せた。26日に夏の甲子園出場を決めてから初の練習公開。フリー打撃で目当ての清宮幸太郎(1年)が推定125メートルの場外弾を放つと、20社50人の報道陣は大興奮だった。

「騒がれているけど、活躍がそれに追いついてない。注目や期待に追いつけるように精進したい」 練習後、4日ぶりに取材に応じた怪物候補はそう言って表情を引き締めたが、甲子園ではさらなる“メディアスクラム”に巻き込まれる。

「うちは6日開幕の甲子園に備えて5人の取材チームを組んだ。昨年が3人だから2人増。1人は清宮に張りつかせ、もう1人はそのサポート。他校の試合は見なくていいと言っている。朝から晩までベタづき。試合はもちろん、練習でも1面をつくるという態勢。当然カメラマンも同様です」(スポーツ紙デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る