3番手投手でも145キロ…東海大相模の圧倒的戦力

公開日: 更新日:

 東海大相模が圧倒的な強さで横浜を下し、2年連続、夏の甲子園出場を決めた。2回戦から11-0、8-3、7-0、4-0、8-1、8-1ときて決勝は9-0。第1シードが危なげなく、激戦神奈川を制した。

 投げては巨人などがドラフト1位候補に挙げるエース左腕・小笠原が自己最速に並ぶ150キロをマーク。五回まで1安打投球で横浜打線を7安打完封した。

 ベンチには昨夏の神奈川大会決勝で20奪三振の大会タイ記録を樹立した右のエース吉田も控えていた。前日の準決勝で七回途中10三振を奪い、こちらもドラフト上位候補。プロ注目の2枚看板に加え、2年生右腕の北村もこの夏145キロをマークした。これで「3番手」というのだから他校も真っ青である。今夏7戦でわずか5失点。甲子園出場校の中でも投手力はぶっちぎりのナンバーワンだ。

 活発な打線も7試合で55得点、5本塁打。この日、バックスクリーンに3ランをブチ込んだ3番・杉崎をはじめ、1番・千野、4番・豊田が今大会で一発を放ち、破壊力は抜群。にもかかわらず、門馬監督は「機動力」と「小技」を前面に押し出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る