松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

新生・日本代表は走力とハードワークを突き詰めて欲しい

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯も、ついに佳境を迎えました。

 16強入りのギリシャや8強入りのコスタリカなど興味深く見ました。ギリシャは諦めない気持ちが強かった。堅く守って高身長の選手に合わせるという戦い方も明確でした。コスタリカは守備的ながら、相手のレベルに合わせて臨機応変な対応を見せました。これが快進撃を支えました。

 彼らは、これまでW杯など大舞台に臨んでは何度もはね返され、そのたびに自分たちの《世界の中の立ち位置》を正確に把握しています。

 なので本大会に出場しても勘違いなんかしないし、勝つために割り切った戦いが出来る。そういった姿勢は日本も見習うべきなんじゃないかな。

 もっとも、4強はブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダといつもの顔触れとなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る