松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

新生・日本代表は走力とハードワークを突き詰めて欲しい

公開日: 更新日:

 やはり8強から4強の壁は相当に高い! そう実感させられました。

 強豪国の選手は卓越した技術、組織力、守備力などが備わり、それぞれ「個」で局面を打開する力も持っている。さらにはネイマール、ミュラー、メッシ、ロッベンといったスーパーな選手もいる。総合力が高く、飛び抜けた選手もいる。そうじゃないと4強のハードルは越えられない。改めてW杯の現実を見せつけられましたね。

 王国ブラジルを追い詰めたチリの戦い方が、個人的には印象に残りました。技術が高く、走力も凄まじい。攻守両面でハードワークできるチームでした。もっと上のステージに勝ち上がれる力があるなと感じました。

 傑出したタレントがいない国は、別の「武器」がないと勝負になりません。チリの場合は走力とハードワークです。

 これは日本にも共通する部分です。ブラジルでの日本代表は、原因は分かりませんが、なぜか「走れていない」印象を受けました。もっともっと走らないと総合力の高いチームには勝てません。新生・日本代表は、その部分を突き詰めていくのがベターかな。そんなふうに思っているところです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る