日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

熱中症でまさかのダウン

 ボクが出場停止だったアウェーのアビスパ福岡戦(10日)を落とし、ジュビロ磐田はJ1自動昇格圏の2位・松本山雅との勝ち点差が7に広がりました。「最終節まで1つも落とせない」という危機感が高まり、同時に「2位以内の可能性がある限りは最後までファイトするしかない」という覚悟も固まりました。

 思い起こせば、Jリーグ京都サンガ時代に2度降格しているし、フランス時代もグルノーブルやティジョンで2部に落ちた経験があります。

 ダメになるチームというのは、自分たちで勝てない雰囲気をつくり、ズルズルと後退してしまいます。そうならないように決意も新たにし、17日のホーム、カターレ富山戦を迎えました。2試合ぶりの先発でメチャメチャ張り切ったのですが、開始早々から頭が痛く、ボーッとして走れない。ドクターに「熱中症」と言われて、前半で交代する羽目になりました。欧州に10年間いたボクは、日本の猛暑から長いこと遠ざかっていた。今の時季の欧州は気温20度前後。30度を超える日はまずない。実は、6月ごろから高温多湿の気候がキツイなとは感じていました。でも、まさか熱中症とは……(苦笑)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事