“4番の重圧”はね返し決勝打 ソフトB内川の天才的打撃センス

公開日: 更新日:

「最初のバッター(上林)が振り逃げで出塁したんで、何か起こるなと思いましたね。でも、まさか僕まで回ってくるとは……」

 こう言って笑顔を見せたのが、サヨナラヒットを打ったソフトバンク内川聖一(33)だ。延長十回、1死満塁の場面で殊勲の右前打。試合が決まった瞬間はナインにもみくちゃにされながら、相好を崩した。

 今季は工藤監督の肝いりで4番に抜擢。ところが、責任感が強いがゆえに重圧も人一倍だったようで、メディアのインタビューでは、「引き出しも増えた分、余計に悩んでいる。去年はどうやって打ってたっけ? と思う時もある」と心情を吐露していた。

 打率・284で右打者として前人未到の8年連続3割を逃すと、自身最多の24併殺は両リーグ通じて今季最多。ファンからも「4番から外せ!」と非難を浴びた。

 そんな内川を助けたのが、自身の天才的な打撃センスだ。ロッテバッテリーは内川に対して外角一辺倒。最後の1球もボールになる変化球だったが、振るというよりバットを合わせて右翼前にポトリと落とす技アリの一打だった。

 これで1勝のアドバンテージを含めて2勝としたソフトバンク。日本シリーズが近づいてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  8. 8

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  9. 9

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  10. 10

    江戸川“叩き上げ”区長の決断力 またも独自コロナ対策発表

もっと見る