日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消化試合でも投手に「10勝」狙わせるソフトB工藤監督の真意

 4年ぶりの2ケタ勝利はあっけなく遠のいた。

 ソフトバンクの寺原隼人(31)が29日の楽天戦に先発。今季9勝目を狙ったものの、3回5失点で3敗目。

 残りは5試合だけに、11年以来4年ぶりとなる自身3度目のシーズン2ケタ勝利は絶望的となった。

 10勝は先発投手にとって大きな目標の一つ。この日の登板は、工藤監督が「2ケタ勝利を達成させたい」と与えたチャンスだっただけに、期待に応えられなかった寺原は無念だったに違いない。

 とはいえ、ソフトバンクは9月17日にリーグ優勝を決め、今は消化試合の真っただ中。そんな試合で仮に8勝、9勝の投手が白星を上積みして2ケタに到達したところで、大きな価値があるのだろうか。

 評論家の高橋善正氏は「一見すれば価値がないように見えますが、実は大きな意味がある」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事