• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消化試合でも投手に「10勝」狙わせるソフトB工藤監督の真意

 4年ぶりの2ケタ勝利はあっけなく遠のいた。

 ソフトバンクの寺原隼人(31)が29日の楽天戦に先発。今季9勝目を狙ったものの、3回5失点で3敗目。

 残りは5試合だけに、11年以来4年ぶりとなる自身3度目のシーズン2ケタ勝利は絶望的となった。

 10勝は先発投手にとって大きな目標の一つ。この日の登板は、工藤監督が「2ケタ勝利を達成させたい」と与えたチャンスだっただけに、期待に応えられなかった寺原は無念だったに違いない。

 とはいえ、ソフトバンクは9月17日にリーグ優勝を決め、今は消化試合の真っただ中。そんな試合で仮に8勝、9勝の投手が白星を上積みして2ケタに到達したところで、大きな価値があるのだろうか。

 評論家の高橋善正氏は「一見すれば価値がないように見えますが、実は大きな意味がある」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る