パ史上最速VのソフトB 「資金の使い方」は巨人が“反面教師”

公開日: 更新日:

 莫大な資金が優勝の一因なのは間違いない。17日の西武戦でパ・リーグ連覇、通算19回目のリーグ優勝を達成したソフトバンクのことだ。

 今季の年俸総額は12球団トップの約46億3400万円。実際の金額は50億円を超えるともいわれる。

 親会社の豊富な資金をバックにFA選手や外国人選手をカキ集めたこともあって戦力自体、抜けていた。交流戦に続いて、ペナントレースもリーグ史上最速で優勝を決めた。

 資金力にモノを言わせたのは事実だが、しかし、大枚をはたけば勝てるというわけではない。

「ポイントは資金を生かせるかどうか、つまりカネの使い方でしょう」と、ソフトバンクOBがこう続ける。

「3年12億円で松坂を獲得したのは完全な失敗でしたけど、ソフトバンクのフロントは巨人を反面教師にしてきたというのです。FA、外国人、トレード、ドラフト……巨人の過去の補強の失敗を徹底的に洗い出して分析、そうならないような補強を心掛けてきた。それが奏功したのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る