• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パ史上最速VのソフトB 「資金の使い方」は巨人が“反面教師”

 莫大な資金が優勝の一因なのは間違いない。17日の西武戦でパ・リーグ連覇、通算19回目のリーグ優勝を達成したソフトバンクのことだ。

 今季の年俸総額は12球団トップの約46億3400万円。実際の金額は50億円を超えるともいわれる。

 親会社の豊富な資金をバックにFA選手や外国人選手をカキ集めたこともあって戦力自体、抜けていた。交流戦に続いて、ペナントレースもリーグ史上最速で優勝を決めた。

 資金力にモノを言わせたのは事実だが、しかし、大枚をはたけば勝てるというわけではない。

「ポイントは資金を生かせるかどうか、つまりカネの使い方でしょう」と、ソフトバンクOBがこう続ける。

「3年12億円で松坂を獲得したのは完全な失敗でしたけど、ソフトバンクのフロントは巨人を反面教師にしてきたというのです。FA、外国人、トレード、ドラフト……巨人の過去の補強の失敗を徹底的に洗い出して分析、そうならないような補強を心掛けてきた。それが奏功したのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る