ソフトバンク主将に内川を指名した工藤監督の“本当の狙い”

公開日: 更新日:

「チームのために考えてやってくれる彼が適任。主将がいた方が、よりこのチームはまとまる」

 24日、ソフトバンクの工藤新監督がこう言って内川聖一(32)を主将に指名したことを明らかにした。12年に小久保(現侍ジャパン監督)が引退して以降、空席になっていた主将の座に外様の内川が就くことになったわけだが、もちろん異論など出るわけがない。

 史上2人しかいないセ・パ両リーグ首位打者にして、歴代4位の7年連続3割を続ける希代のヒットメーカー。ソフトバンクに移籍して5年目を迎え、すっかりチームのムードメーカー、顔になった内川の就任は順当な人事ではある。

「秋山前監督の強い希望もあってソフトバンク入りした内川は、特に前監督への思い入れが強い選手。辞任が決まった時は号泣していた。工藤新監督が3年ぶりに主将制度を復活させ、そこへ内川を座らせたのは、そんな未練を断ち切らせて、自分の方に向かせる狙いもあると思う」

 とは、チーム関係者の裏側解説だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る