ソフトバンク主将に内川を指名した工藤監督の“本当の狙い”

公開日:  更新日:

「チームのために考えてやってくれる彼が適任。主将がいた方が、よりこのチームはまとまる」

 24日、ソフトバンクの工藤新監督がこう言って内川聖一(32)を主将に指名したことを明らかにした。12年に小久保(現侍ジャパン監督)が引退して以降、空席になっていた主将の座に外様の内川が就くことになったわけだが、もちろん異論など出るわけがない。

 史上2人しかいないセ・パ両リーグ首位打者にして、歴代4位の7年連続3割を続ける希代のヒットメーカー。ソフトバンクに移籍して5年目を迎え、すっかりチームのムードメーカー、顔になった内川の就任は順当な人事ではある。

「秋山前監督の強い希望もあってソフトバンク入りした内川は、特に前監督への思い入れが強い選手。辞任が決まった時は号泣していた。工藤新監督が3年ぶりに主将制度を復活させ、そこへ内川を座らせたのは、そんな未練を断ち切らせて、自分の方に向かせる狙いもあると思う」

 とは、チーム関係者の裏側解説だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る