ロッテは05年、10年に“下剋上”…パ覇者ソフトBの死角は?

公開日:  更新日:

 楽な戦いにはならないだろう。

 14日から始まるCSファイナルステージ。パの覇者、ソフトバンクは本拠地福岡でロッテを迎え撃つ。今季は豊富な戦力で貯金41を作っただけに、下馬評は圧倒的にソフトバンク有利だ。

 そんな首位チームのアキレス腱になりそうなのが13日、「1勝のアドバンテージは考えていない。あくまで互角。選手がのびのび戦える環境をつくりたい」と、シーズン通りの自然体を強調した工藤監督(52)ではないか。

 長いペナントレースと異なり、短期決戦は監督の采配が占める割合が増す。継投や代打はもちろん、試合の流れを読んで「ここは手堅く走者を送るか、強攻させるか」という判断も瞬時に行わなくてはいけない。

 工藤監督はそうした采配が苦手だ。なにせ、まだ監督1年目の上、投手出身。シーズン中には自軍の攻撃中にベースコーチを呼び戻し、「この場面はこの作戦でいいよな?」と確認することもあったほどだ。いくら優秀なスタッフがいても、最後に決断するのは指揮官。迷いを見せれば、選手も「ウチの大将は何やってんだ」と、不安になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る