小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ソフトバンク独走Vも右肩手術で登板なしの松坂と電話で話した

公開日:  更新日:

 プロ野球のパ・リーグはソフトバンクが独走で優勝した。

 思うのは9年ぶりに日本球界に復帰した教え子の松坂大輔(34)のことである。年俸4億円プラス出来高払いの3年という大型契約でソフトバンクに加入。しかし、先月18日に右肩を手術し、一軍登板のないまま今季を終えようとしている。鳴り物入りで入団しながらチームはぶっちぎり。さぞ歯がゆい思いをしていることだろう。

 手術の前後に本人から連絡があった。2カ所ずつ軽症と重症の部位があったそうだが、手術は成功したという。そして松坂はこう言った。

「球団も了承してくれているので、自宅があるアメリカでリハビリをしようと思っています」

 松坂は米国に自宅があって家族が暮らしている。気持ちは分かるが、私は反対した。本来なら本拠地の福岡でリハビリをするのが筋。ただでさえ一度も投げていないのに、シーズン中に米国に渡れば、逆風が強くなることが予想されるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る