露ドーピング問題の波紋 美人メダル候補が20億円失う可能性

公開日:  更新日:

 組織的なドーピング問題で来夏のリオ五輪への出場が危ぶまれるロシア陸連が信用回復に躍起になっている。

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)のアレクサンドル・ジューコフ会長は23日(日本時間24日)、来年1月16日の臨時会議で同陸連の人事を刷新すると明かした。ROCは今後、国際陸連から資格停止処分を科された陸連の処分解除を目指す。

 反ドーピング態勢の整備が認められなければ、ロシアの陸上選手は五輪への出場は絶たれる。リオでのメダル量産を目指すROCには痛手だが当然、選手個々の収入にも大きく影響しかねない。

 最も被害を受けそうなのが、今年の世界選手権(北京)走り高跳び金メダルのマリア・クチナ(22)、走り幅跳び10位のダリヤ・クリシナ(24)の世界の陸上界を代表する美女2人である。いずれもリオのメダル候補だ。揃って20代前半と今後の活躍が期待できるだけに、世界選手権閉幕後には自社のイメージキャラクターに起用しようと、複数のスポーツ用品メーカーによる争奪戦が展開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る