露ドーピング問題の波紋 美人メダル候補が20億円失う可能性

公開日:  更新日:

 組織的なドーピング問題で来夏のリオ五輪への出場が危ぶまれるロシア陸連が信用回復に躍起になっている。

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)のアレクサンドル・ジューコフ会長は23日(日本時間24日)、来年1月16日の臨時会議で同陸連の人事を刷新すると明かした。ROCは今後、国際陸連から資格停止処分を科された陸連の処分解除を目指す。

 反ドーピング態勢の整備が認められなければ、ロシアの陸上選手は五輪への出場は絶たれる。リオでのメダル量産を目指すROCには痛手だが当然、選手個々の収入にも大きく影響しかねない。

 最も被害を受けそうなのが、今年の世界選手権(北京)走り高跳び金メダルのマリア・クチナ(22)、走り幅跳び10位のダリヤ・クリシナ(24)の世界の陸上界を代表する美女2人である。いずれもリオのメダル候補だ。揃って20代前半と今後の活躍が期待できるだけに、世界選手権閉幕後には自社のイメージキャラクターに起用しようと、複数のスポーツ用品メーカーによる争奪戦が展開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る