• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

露ドーピング問題の波紋 美人メダル候補が20億円失う可能性

 組織的なドーピング問題で来夏のリオ五輪への出場が危ぶまれるロシア陸連が信用回復に躍起になっている。

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)のアレクサンドル・ジューコフ会長は23日(日本時間24日)、来年1月16日の臨時会議で同陸連の人事を刷新すると明かした。ROCは今後、国際陸連から資格停止処分を科された陸連の処分解除を目指す。

 反ドーピング態勢の整備が認められなければ、ロシアの陸上選手は五輪への出場は絶たれる。リオでのメダル量産を目指すROCには痛手だが当然、選手個々の収入にも大きく影響しかねない。

 最も被害を受けそうなのが、今年の世界選手権(北京)走り高跳び金メダルのマリア・クチナ(22)、走り幅跳び10位のダリヤ・クリシナ(24)の世界の陸上界を代表する美女2人である。いずれもリオのメダル候補だ。揃って20代前半と今後の活躍が期待できるだけに、世界選手権閉幕後には自社のイメージキャラクターに起用しようと、複数のスポーツ用品メーカーによる争奪戦が展開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る