• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

露ドーピングが他競技波及も 日本「リオ五輪メダル量産」の目

 ロシアの陸上選手にまた制裁が下された。

 国際陸連は17日(日本時間18日)、15日の金沢マラソン(石川)で優勝したロシアのビクトル・ウガロフ(29=2時間17分19秒)を失格にしたと発表。ロシア陸連は組織的なドーピングで13日に暫定の資格停止処分を国際陸連から受けており、同国選手は国際大会への出場を禁じられていた。同じ日に行われたさいたま国際マラソンにエントリーしていた女子のタチアナ・アルヒポワ(32)は主催者側の判断で出場を取りやめている。

 AP通信によると、国際陸連はウガロフの記録を抹消し、ロシア陸連に対しては当該選手の処分を求めているという。

 今後、ロシア陸連の処分が解除されなければ、同国の陸上選手は来年のリオ五輪が絶たれる。リオを最後に引退を表明している女子棒高跳び世界記録(5メートル06センチ)保持者のエレーナ・イシンバエワ(33)、今夏の世界選手権で金を獲得した走り高跳びのマリア・クチナ(22)らメダルが有力視される美女たちはリオに足を踏み入れることさえできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る