露ドーピングが他競技波及も 日本「リオ五輪メダル量産」の目

公開日:  更新日:

 ロシアの陸上選手にまた制裁が下された。

 国際陸連は17日(日本時間18日)、15日の金沢マラソン(石川)で優勝したロシアのビクトル・ウガロフ(29=2時間17分19秒)を失格にしたと発表。ロシア陸連は組織的なドーピングで13日に暫定の資格停止処分を国際陸連から受けており、同国選手は国際大会への出場を禁じられていた。同じ日に行われたさいたま国際マラソンにエントリーしていた女子のタチアナ・アルヒポワ(32)は主催者側の判断で出場を取りやめている。

 AP通信によると、国際陸連はウガロフの記録を抹消し、ロシア陸連に対しては当該選手の処分を求めているという。

 今後、ロシア陸連の処分が解除されなければ、同国の陸上選手は来年のリオ五輪が絶たれる。リオを最後に引退を表明している女子棒高跳び世界記録(5メートル06センチ)保持者のエレーナ・イシンバエワ(33)、今夏の世界選手権で金を獲得した走り高跳びのマリア・クチナ(22)らメダルが有力視される美女たちはリオに足を踏み入れることさえできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る