ロシア陸連ドーピング問題の波紋 コーチ・選手から反発の声

公開日: 更新日:

 ロシア陸連が組織的に関与していたとされるドーピング問題で美女ジャンパーたちに動揺が広がっている。女子棒高跳び世界記録(5メートル06センチ)保持者で04年アテネ、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワ(33)もそのひとりだ。

 イシンバエワは世界反ドーピング機関(WADA)独立委員会が、ロシア陸連に資格停止処分を科すべきと勧告したことに猛反発。イシンバエワのコーチであるエフゲニー・トロフィモフ氏がロシアのタス通信の取材に「彼女は勧告に驚いている。推定無罪のようなものだから」と不快感を示したという。

 国際陸連は13日に臨時理事会を開いてロシア陸連の資格停止を協議する。結果次第ではロシアの陸上選手は来年のリオ五輪に出場できなくなる恐れもある。

 14年6月に女児を出産したイシンバエワは現在、大会後に引退を決めているリオ五輪出場を目指してトレーニングを継続中。それだけに同コーチは「なぜ違法な薬物を使っていない選手まで責められるのか」と教え子を擁護した。

 イシンバエワ以外にもロシア陸上界にはロンドン五輪走り高跳び金メダルのアンナ・チチェロワ(33)、走り幅跳びのダリヤ・クリシナ(24)らリオでの活躍が期待される美女ジャンパーは少なくない。ドーピング検査で「シロ」なら、せめて美女ジャンプだけでも五輪で見たいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る