ロシア陸連ドーピング問題の波紋 コーチ・選手から反発の声

公開日: 更新日:

 ロシア陸連が組織的に関与していたとされるドーピング問題で美女ジャンパーたちに動揺が広がっている。女子棒高跳び世界記録(5メートル06センチ)保持者で04年アテネ、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワ(33)もそのひとりだ。

 イシンバエワは世界反ドーピング機関(WADA)独立委員会が、ロシア陸連に資格停止処分を科すべきと勧告したことに猛反発。イシンバエワのコーチであるエフゲニー・トロフィモフ氏がロシアのタス通信の取材に「彼女は勧告に驚いている。推定無罪のようなものだから」と不快感を示したという。

 国際陸連は13日に臨時理事会を開いてロシア陸連の資格停止を協議する。結果次第ではロシアの陸上選手は来年のリオ五輪に出場できなくなる恐れもある。

 14年6月に女児を出産したイシンバエワは現在、大会後に引退を決めているリオ五輪出場を目指してトレーニングを継続中。それだけに同コーチは「なぜ違法な薬物を使っていない選手まで責められるのか」と教え子を擁護した。

 イシンバエワ以外にもロシア陸上界にはロンドン五輪走り高跳び金メダルのアンナ・チチェロワ(33)、走り幅跳びのダリヤ・クリシナ(24)らリオでの活躍が期待される美女ジャンパーは少なくない。ドーピング検査で「シロ」なら、せめて美女ジャンプだけでも五輪で見たいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ