陸上ボルトのコピーも? 「遺伝子ドーピング」が流行の兆し

公開日:  更新日:

「もはやSFの世界の話ではない」

 最近、フランスの医学会で、こんな報告があったという。

 3日間にわたり都内で開催され、30日に閉幕した世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の国際会議。期間中に国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアンジェラ・メロー氏(エシックス・ユース・スポーツ・ディレクター)が新手のドーピングについて警鐘を鳴らした。

 違法な手段で競技力向上を図る連中にとって、興奮剤や筋肉増強剤といった禁止薬物は、もはや頭打ち。ここ数年は「遺伝子ドーピング」が流行の兆しを見せているそうだ。

「遺伝子ドーピング」とは、一流アスリートの体内から遺伝子を採取して他の選手に注射や手術で移植するもの。通常のトレーニングが必要なものの、遺伝子を注入した選手は目覚ましい競技力向上が見込めるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る