韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

公開日: 更新日:

「臨床開発中の薬が闇市場に流出するケースが後を絶たない」

 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のバレリー・フォーネロン健康・医事・研究委員長が危機感をあらわにした。

 28日、WADAは都内でドーピング撲滅を目的とした国際会議を開催。12年のフランス・パリに次いで2度目の開催となった今回は、主に製薬会社との連携について話し合った。

 これまではWADAと大手製薬会社、各国の業界団体が覚書を交わし、共同で禁止薬物の撲滅に取り組んできた。それなりの成果は出ているものの、12年ロンドン五輪前の抜き打ち検査などで107人の違反者が発覚。最近では北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(25)が国内の検査で陽性反応を示すなど、「撲滅」には程遠いのが現状だ。

 大きな原因は他でもない、製薬会社からの流出だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る