日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

「臨床開発中の薬が闇市場に流出するケースが後を絶たない」

 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のバレリー・フォーネロン健康・医事・研究委員長が危機感をあらわにした。

 28日、WADAは都内でドーピング撲滅を目的とした国際会議を開催。12年のフランス・パリに次いで2度目の開催となった今回は、主に製薬会社との連携について話し合った。

 これまではWADAと大手製薬会社、各国の業界団体が覚書を交わし、共同で禁止薬物の撲滅に取り組んできた。それなりの成果は出ているものの、12年ロンドン五輪前の抜き打ち検査などで107人の違反者が発覚。最近では北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(25)が国内の検査で陽性反応を示すなど、「撲滅」には程遠いのが現状だ。

 大きな原因は他でもない、製薬会社からの流出だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事