揺れる国際陸連 短距離女王に“配慮”で「五輪分配金」狙い

公開日:  更新日:

 ドーピング問題で揺れる国際陸連(IAAF)が既得権益の死守に必死である。

 ロイター通信が14日(日本時間15日)に報じたところによれば、来年のリオ五輪陸上女子短距離200メートルと400メートルの日程変更を検討しているという。

 現行のスケジュールでは8月15日に女子200メートル予選が行われ、その1時間15分後に同400メートル決勝が行われる予定だ。リオではロンドン五輪200メートル金メダルのアリソン・フェリックス(30=米国)が200メートル、400メートルの2冠を目指している。米国陸連の強い要望もあり、日程を変更して選手の肉体的負担を減らし、フェリックスの2冠達成を後押しするというわけだ。

 陸上界はロシア陸連による組織的ドーピング、ケニア陸連による収賄疑惑など、相次ぐスキャンダルに見舞われた。リオでは世界中の陸上ファンからソッポを向かれかねない。ジリ貧の国際陸連にとっては信頼回復のためにも、世界から注目を集めるフェリックスの2冠挑戦は好材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る