日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

揺れる国際陸連 短距離女王に“配慮”で「五輪分配金」狙い

 ドーピング問題で揺れる国際陸連(IAAF)が既得権益の死守に必死である。

 ロイター通信が14日(日本時間15日)に報じたところによれば、来年のリオ五輪陸上女子短距離200メートルと400メートルの日程変更を検討しているという。

 現行のスケジュールでは8月15日に女子200メートル予選が行われ、その1時間15分後に同400メートル決勝が行われる予定だ。リオではロンドン五輪200メートル金メダルのアリソン・フェリックス(30=米国)が200メートル、400メートルの2冠を目指している。米国陸連の強い要望もあり、日程を変更して選手の肉体的負担を減らし、フェリックスの2冠達成を後押しするというわけだ。

 陸上界はロシア陸連による組織的ドーピング、ケニア陸連による収賄疑惑など、相次ぐスキャンダルに見舞われた。リオでは世界中の陸上ファンからソッポを向かれかねない。ジリ貧の国際陸連にとっては信頼回復のためにも、世界から注目を集めるフェリックスの2冠挑戦は好材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事