• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国際陸連新人賞サニブラウン心配 薬物マフィアがアジア狙う

 日本を代表するスプリンターが世界に認められた。

 ガーナ人を父に持つサニブラウン・ハキーム(16、東京・城西高)が26日、国際陸連の年間表彰で「ライジングスター・アワード」(新人賞に相当)に選ばれた。

 サニブラウンは今年7月の世界ユース選手権(コロンビア・カリ)で100メートル(10秒28)、200メートル(20秒34)とも大会新で優勝。8月の世界選手権は日本史上最年少で出場し、200メートルで準決勝進出を果たした。日本陸連によれば、日本選手の受賞は初めてのことだ。

 05年に創設された同賞の受賞者は05年のハリー・アイキネス・アリーティー(英国=14年欧州選手権男子100メートル銅)、06年世界ジュニア円盤投げ、砲丸投げ金で後にNFLベンガルズに入団したマーガス・ハント(エストニア)らがいる。20年東京五輪の星と期待されるサニブラウンは前途洋々だが、同時に不安も尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事