• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国際陸連新人賞サニブラウン心配 薬物マフィアがアジア狙う

 日本を代表するスプリンターが世界に認められた。

 ガーナ人を父に持つサニブラウン・ハキーム(16、東京・城西高)が26日、国際陸連の年間表彰で「ライジングスター・アワード」(新人賞に相当)に選ばれた。

 サニブラウンは今年7月の世界ユース選手権(コロンビア・カリ)で100メートル(10秒28)、200メートル(20秒34)とも大会新で優勝。8月の世界選手権は日本史上最年少で出場し、200メートルで準決勝進出を果たした。日本陸連によれば、日本選手の受賞は初めてのことだ。

 05年に創設された同賞の受賞者は05年のハリー・アイキネス・アリーティー(英国=14年欧州選手権男子100メートル銅)、06年世界ジュニア円盤投げ、砲丸投げ金で後にNFLベンガルズに入団したマーガス・ハント(エストニア)らがいる。20年東京五輪の星と期待されるサニブラウンは前途洋々だが、同時に不安も尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る