リオに「仲裁裁判所」臨時出張所 ドーピング違反者続出?

公開日:  更新日:

 競技団体やアスリートに関する紛争を解決するスポーツ仲裁裁判所(CAS)が来年のリオ五輪で臨時出張所を現地に開設する。

 CASでは五輪期間中の係争を迅速に解決するため、96年アトランタ五輪から開催都市に臨時の出張所を設置しており、提訴された案件は24時間以内に裁定されるのが原則だ。

 CASに持ち込まれる提訴はこれまで主に試合中の審判によるジャッジや競技日程、スケジュール等への不服が大半を占めていた。最近の例では、ロンドン五輪会期中に国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙で、規定違反の活動をしたとして当選を取り消されたハンマー投げの室伏広治がCASに提訴した(後に却下)。

 ここにきて、ロシア陸連による組織的なドーピング違反、ケニア長距離勢による禁止薬物の使用が発覚。IOCと世界反ドーピング機関(WADA)では開催前の検査を厳格化し、事前に違反者を見つけ出して五輪でのドーピング違反撲滅に躍起になっている。開幕後は、選手の血液データを蓄積した生体パスポートの照合をこれまで以上に徹底するだけに、ドーピング違反者は連日のように出ると予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る