ドーピング疑惑のケニアに大甘処分 国際陸連はなぜ弱気?

公開日:  更新日:

 ロシアに続いて今度は「ケニア」だ。

 国際陸連(IAAF)の倫理委員会は30日、ケニア陸連のキプラガト会長、オケヨ副会長ら幹部3人に対し、180日間の暫定資格停止処分を科した。ケニア陸連では11月に、世界のトップクラス7選手のドーピング違反を認定。さらにIAAF理事でもあるオケヨ氏が、ケニア陸連と米スポーツ用品大手のナイキ社との間で結ばれたスポンサー契約料を不正に流用した疑いが浮上していた。

 今回の処分は幹部3人に対してのもので、組織ぐるみでドーピングをしていたロシア陸連のように競技団体が資格停止処分を食らったわけではない。

 とはいえ、ケニアでは12年以来、40人ものドーピング違反が発覚。この人数は軽視できるものではない。それでも現在は、同国選手の国際大会への出場は可能だ。世界反ドーピング機関(WADA)はケニアに重大な関心を寄せているそうだが、なぜIAAFはケニア陸連には甘いのか。陸上関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る