マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

冬場に飛距離を稼ぐならロフト12~13度の3番ウッド

公開日: 更新日:
イラスト・ゲーリー久永

 寒さが本格的になってきたこの時季は、夏場よりも飛距離が落ちてきます。服を1枚多く着るごとに体の動きが制限されますし、寒さで筋肉や関節の動きも鈍くなってくるからです。

 冬場は、プロでも飛距離が10~15ヤード落ちるそうです。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    オスカー退所の剛力彩芽に復活の兆し セレブが板に付いた

もっと見る