由伸監督動かず語らず…巨人キャンプの“主役”は松井秀喜氏

公開日:  更新日:

 98年の日本一監督、評論家の権藤博氏はかねがねこう言っている。

「新監督はとかく、自分の色を出したがる。あっちもこっちも気になり、なんにでも口を出さなければ気が済まない。現場のトップとして全責任を背負うことは、すべてを自分でやることだと気負い、勘違いする。これこそ、新監督が陥りやすい失敗パターン。監督に落ち着きがないと、チームは浮つく。指導者の仕事は、まず選手をじっと見ること。見ることが仕事のすべてと言っていい」

 注目のキャンプ初日を迎えた巨人の高橋由伸監督(40)がまさにこれだった。

 巨人に11年ぶりに誕生した新監督。その一挙手一投足を追おうと報道陣は朝から大騒ぎだったが、肝心の指揮官がなにもしない。降りやまない雨の影響で室内練習場での調整を強いられたとはいえ、直接指導はおろか、選手と会話を交わすシーンもほとんど見られずじまい。しびれを切らした報道陣から、初ノックはいつ? と水を向けられても、「ノックはしないんじゃないかな」とつれない返事だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る