由伸監督動かず語らず…巨人キャンプの“主役”は松井秀喜氏

公開日: 更新日:

 98年の日本一監督、評論家の権藤博氏はかねがねこう言っている。

「新監督はとかく、自分の色を出したがる。あっちもこっちも気になり、なんにでも口を出さなければ気が済まない。現場のトップとして全責任を背負うことは、すべてを自分でやることだと気負い、勘違いする。これこそ、新監督が陥りやすい失敗パターン。監督に落ち着きがないと、チームは浮つく。指導者の仕事は、まず選手をじっと見ること。見ることが仕事のすべてと言っていい」

 注目のキャンプ初日を迎えた巨人高橋由伸監督(40)がまさにこれだった。

 巨人に11年ぶりに誕生した新監督。その一挙手一投足を追おうと報道陣は朝から大騒ぎだったが、肝心の指揮官がなにもしない。降りやまない雨の影響で室内練習場での調整を強いられたとはいえ、直接指導はおろか、選手と会話を交わすシーンもほとんど見られずじまい。しびれを切らした報道陣から、初ノックはいつ? と水を向けられても、「ノックはしないんじゃないかな」とつれない返事だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る