ゴジラ松井氏に何が…巨人宮崎キャンプ“フル稼働”の理由

公開日: 更新日:

 巨人の高橋由伸監督(40)は13日、OBの松井秀喜(41)が3年連続で宮崎キャンプを視察することを明かした。「この世界は何かのきっかけでがらりと変わる選手がいる。きっかけを松井さんが与えてくれるかもしれない」とニヤリ。宮崎で行う2週間のキャンプにフル滞在し、一軍だけでなく、二、三軍も満遍なく指導する「巡回コーチ」の役割を要請したという。

「松井さんと話? しました。『(今年は自分が)打たなくていいだろう』ということだった(笑い)。やっぱり刺激になるでしょう。(体が)でかいなとか、見るだけでもね。野球以外のこと? 2年前もやったけど、ミーティングはやってもらいます。みんな見たいでしょうしね」

■後輩に“負い目”か

 かねて松井のキャンプ訪問を希望していた高橋監督は、1学年上の松井にほぼ要望をのませた格好だ。思えばたった2日間の「視察」であっという間に宮崎を通り過ぎ、DeNAがキャンプを張る沖縄へ行ってしまった昨年とはえらい違いである。松井は「(由伸監督の)カバン持ち以外なら何でもやる」と冗談交じりに話していたが、その言葉通り、宮崎での2週間はフル稼働することが決定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る