来日即宮崎へ マシソンは立場微妙でも巨人の“助っ人主将”

公開日:  更新日:

 巨人で5年目を迎えるスコット・マシソン(31)が27日、来日即、宮崎入りした。28日からの一軍選手による宮崎合同自主トレに参加するためで助っ人としては異例。ギャレットやクルーズら巨人の外国人勢がこの日、続々と来日したが、マシソンは東京の自宅にも寄らない強行軍だった。他の助っ人に「マジメか!」と突っ込まれそうだが、こんな姿勢が日本人に受け入れられることをマシソンは知っている。

 夫婦揃って「親日派」である。昨年、ジェニファー夫人が都内の病院で長女を出産した。外国人選手の妻は母国に帰国して出産するケースが多いが帰らなかった。関係者によると、「日本で受け入れられるため。夫が長く日本で活躍するため」との理由からだという。

 そんな優良助っ人の元には後輩連中が集まる。オフ期間中、自宅のある米フロリダ州を戸根と高木勇が相次いで訪問。一緒に自主トレを行った。マシソンははるばる日本からやってきた後輩を自宅に泊め、夫人の手料理を振る舞い、趣味の狩猟に同行させるなど、手厚くもてなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る