来日即宮崎へ マシソンは立場微妙でも巨人の“助っ人主将”

公開日: 更新日:

 巨人で5年目を迎えるスコット・マシソン(31)が27日、来日即、宮崎入りした。28日からの一軍選手による宮崎合同自主トレに参加するためで助っ人としては異例。ギャレットやクルーズら巨人の外国人勢がこの日、続々と来日したが、マシソンは東京の自宅にも寄らない強行軍だった。他の助っ人に「マジメか!」と突っ込まれそうだが、こんな姿勢が日本人に受け入れられることをマシソンは知っている。

 夫婦揃って「親日派」である。昨年、ジェニファー夫人が都内の病院で長女を出産した。外国人選手の妻は母国に帰国して出産するケースが多いが帰らなかった。関係者によると、「日本で受け入れられるため。夫が長く日本で活躍するため」との理由からだという。

 そんな優良助っ人の元には後輩連中が集まる。オフ期間中、自宅のある米フロリダ州を戸根と高木勇が相次いで訪問。一緒に自主トレを行った。マシソンははるばる日本からやってきた後輩を自宅に泊め、夫人の手料理を振る舞い、趣味の狩猟に同行させるなど、手厚くもてなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る