巨人4番候補ギャレット ノルマ「100打点」に3番打者の重責

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人選手のギャレット・ジョーンズ(34=前ヤンキース、左投げ左打ち)とルイス・クルーズ(31=前ロッテ、右投げ右打ち)が昨28日、東京都内の球団事務所で入団記者会見を行った。

 2人はリーグ最低の貧打に泣いたチームの救世主として期待がかかる。特に193センチ、104キロで米大リーグ通算122本塁打のギャレットは「打撃が一番のウリ。好不調の波がなく、コンスタントに成績を残せる」と腕まくり。同席した高橋由伸監督(40)も「体は大きいし、クリーンアップ、中軸打者として期待している」と頼もしそうだった。

 4番最有力候補のギャレットに堤GMは「打点に期待」と言い続けている。目安は「100打点」。かつてラミレス(現DeNA監督)が4番として08年から3年連続100打点以上をマークしたことがある。ただし、それには1~3番の働きが大事。特に3番は中軸としての役割とともに、出塁率も求められる重要な打順になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る