吹き荒れるトランプ旋風 日本人メジャー挑戦にも影響必至

公開日: 更新日:

 日本が在日米軍の駐留経費を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる――。

 米「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューで、こんな発言をして物議を醸しているドナルド・トランプ。その是非はともかく、米国で相も変わらず吹き荒れる「トランプ旋風」は、日本人大リーガーや日本のプロ野球界にどう影響するのか。

 トランプ旋風の背景について、本紙コラム「読むメジャーリーグ」を執筆するアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏はこう言った。

「トランプは米国で不遇をかこつ高卒以下の白人ブルーカラーの動向を巧みに取り入れ、選挙戦を戦っています。具体的には『中国や日本を潰す』とか『日本は為替操作で不当に利益を得ている』、あるいは『移民は不要』などと主張している。いずれも一見すると非現実的ながら、有権者には他国に毅然と立ち向かう指導者という印象を与えているのです。特に日中両国はトランプにとって格好の標的だけに、『TPP(環太平洋経済連携協定)は不要』『強いドルを取り戻す』という主張につながりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る