吹き荒れるトランプ旋風 日本人メジャー挑戦にも影響必至

公開日:  更新日:

 日本が在日米軍の駐留経費を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる――。

 米「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューで、こんな発言をして物議を醸しているドナルド・トランプ。その是非はともかく、米国で相も変わらず吹き荒れる「トランプ旋風」は、日本人大リーガーや日本のプロ野球界にどう影響するのか。

 トランプ旋風の背景について、本紙コラム「読むメジャーリーグ」を執筆するアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏はこう言った。

「トランプは米国で不遇をかこつ高卒以下の白人ブルーカラーの動向を巧みに取り入れ、選挙戦を戦っています。具体的には『中国や日本を潰す』とか『日本は為替操作で不当に利益を得ている』、あるいは『移民は不要』などと主張している。いずれも一見すると非現実的ながら、有権者には他国に毅然と立ち向かう指導者という印象を与えているのです。特に日中両国はトランプにとって格好の標的だけに、『TPP(環太平洋経済連携協定)は不要』『強いドルを取り戻す』という主張につながりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る