飛び交う憶測 ゴルフトッププロ五輪欠場に“ドーピング説”

公開日:  更新日:

 本当の理由は何なのか。

 世界ランク1位のJ・デイや同4位のR・マキロイ、同8位のA・スコットらに続き、松山英樹(24)もリオ五輪の欠場を表明。それぞれ、ジカウイルス感染の懸念や治安の悪さ、直前のメジャー2試合と五輪後のプレーオフの過密日程を理由にしているが、その一方で「プロゴルファーはドーピング検査を嫌がっているのではないか」という声がある。

 03年に罰則なしのドーピング検査を導入(04年から罰則あり)したメジャーリーグ(MLB)に比べて、米ゴルフツアー(PGAツアー)が検査を開始したのは08年7月とかなり遅い。しかも、MLBでは毎年ドーピング違反者が続出しているのに、これまでPGAツアーで処分された選手は、昨年のS・ストーリングズ(米国=3カ月の出場停止)で3人目なのだ。

 米国ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は「処分された選手が少ないのは、PGAツアーの検査が甘いからという話は以前からある」と言い、さらにこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る