飛び交う憶測 ゴルフトッププロ五輪欠場に“ドーピング説”

公開日: 更新日:

 本当の理由は何なのか。

 世界ランク1位のJ・デイや同4位のR・マキロイ、同8位のA・スコットらに続き、松山英樹(24)もリオ五輪の欠場を表明。それぞれ、ジカウイルス感染の懸念や治安の悪さ、直前のメジャー2試合と五輪後のプレーオフの過密日程を理由にしているが、その一方で「プロゴルファーはドーピング検査を嫌がっているのではないか」という声がある。

 03年に罰則なしのドーピング検査を導入(04年から罰則あり)したメジャーリーグ(MLB)に比べて、米ゴルフツアー(PGAツアー)が検査を開始したのは08年7月とかなり遅い。しかも、MLBでは毎年ドーピング違反者が続出しているのに、これまでPGAツアーで処分された選手は、昨年のS・ストーリングズ(米国=3カ月の出場停止)で3人目なのだ。

 米国ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は「処分された選手が少ないのは、PGAツアーの検査が甘いからという話は以前からある」と言い、さらにこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る