• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季終了後FA レッドソックス田沢を待つモテモテのオフ

 今オフは日本人セットアッパーの動向に注目が集まりそうだ。

 今年で渡米8年目のレッドソックス・田沢純一(30)。すでにメジャー在籍期間は6年に達し、今季終了後にはFAとなる。現時点で球団から契約延長のオファーを受けていないことから、ワールドシリーズ終了後にはMLBから公表されるFA選手のリストに名を連ねそうだ。

 今季の田沢は中継ぎとして48試合に登板し、3勝2敗、防御率4.63。自己ワーストタイの9本塁打を許し、7月には右肩の違和感で故障者リスト(DL)入りするなど、かげりが見え始めたとはいえ、昨季まで4年連続60試合以上に登板。今季も50試合に達するのは確実で、そのタフネスぶりは各球団のGMが高く評価しているという。

「レッドソックスには他球団から毎年のように田沢トレードの打診が殺到している。7月にDL入りしたのは、ポストシーズン進出争いが熾烈になる終盤を見据えて休養させただけ。右肩の状態に不安はない。150キロ台半ばの直球に加え、制球も安定していることから(1試合当たりの四球は2.05)守護神へとつなぐセットアッパーとして需要は高いのです。クローザーが故障した際には代役が務まるのも強みです」(ナ・リーグのスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る