• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季終了後FA レッドソックス田沢を待つモテモテのオフ

 今オフは日本人セットアッパーの動向に注目が集まりそうだ。

 今年で渡米8年目のレッドソックス・田沢純一(30)。すでにメジャー在籍期間は6年に達し、今季終了後にはFAとなる。現時点で球団から契約延長のオファーを受けていないことから、ワールドシリーズ終了後にはMLBから公表されるFA選手のリストに名を連ねそうだ。

 今季の田沢は中継ぎとして48試合に登板し、3勝2敗、防御率4.63。自己ワーストタイの9本塁打を許し、7月には右肩の違和感で故障者リスト(DL)入りするなど、かげりが見え始めたとはいえ、昨季まで4年連続60試合以上に登板。今季も50試合に達するのは確実で、そのタフネスぶりは各球団のGMが高く評価しているという。

「レッドソックスには他球団から毎年のように田沢トレードの打診が殺到している。7月にDL入りしたのは、ポストシーズン進出争いが熾烈になる終盤を見据えて休養させただけ。右肩の状態に不安はない。150キロ台半ばの直球に加え、制球も安定していることから(1試合当たりの四球は2.05)守護神へとつなぐセットアッパーとして需要は高いのです。クローザーが故障した際には代役が務まるのも強みです」(ナ・リーグのスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る