打率3割切って…イチローの「出場機会」さらに減少危機

公開日:  更新日:

 3000安打達成でホッとしたわけではなかろうが、マーリンズのイチロー(42)がこのところサッパリだ。

 主砲のスタントン外野手が14日、足のケガで故障者リスト入り。それ以降、イチローは11試合中10試合にスタメン出場しているものの、35打数6安打の.171。打率もズルズルと下がり、25日にはついに3割を切ってしまった(.298)。

 スタメンと違って代打は難しいとボヤいたこともあったが、スタメン起用でもバットは湿ったままだ。

 24日にはブレーブスからトレードで同じ外野手のフランコーア(32)を獲得。マッティングリー監督は「これでイチローに休みを与えることもできるし、起用法のバリエーションも増えた」と話している。

 フランコーアは02年のドラフト1巡目指名でブレーブス入り。メジャー通算153本塁打をマークしている右の長距離打者だ。今後は右腕にはイチロー、左腕にはフランコーアが起用される見込みだが、このままの体たらくが続けばフランコーアに出場機会を奪われる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る