• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率3割切って…イチローの「出場機会」さらに減少危機

 3000安打達成でホッとしたわけではなかろうが、マーリンズのイチロー(42)がこのところサッパリだ。

 主砲のスタントン外野手が14日、足のケガで故障者リスト入り。それ以降、イチローは11試合中10試合にスタメン出場しているものの、35打数6安打の.171。打率もズルズルと下がり、25日にはついに3割を切ってしまった(.298)。

 スタメンと違って代打は難しいとボヤいたこともあったが、スタメン起用でもバットは湿ったままだ。

 24日にはブレーブスからトレードで同じ外野手のフランコーア(32)を獲得。マッティングリー監督は「これでイチローに休みを与えることもできるし、起用法のバリエーションも増えた」と話している。

 フランコーアは02年のドラフト1巡目指名でブレーブス入り。メジャー通算153本塁打をマークしている右の長距離打者だ。今後は右腕にはイチロー、左腕にはフランコーアが起用される見込みだが、このままの体たらくが続けばフランコーアに出場機会を奪われる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る