亡命目的で来日か “失踪”ガルシアに利用された巨人の痛恨

公開日:  更新日:

 巨人が今月18日に解雇したキューバ人外野手のホセ・ガルシア(23)が23日、母国キューバへ帰国する経由地のフランスで消息を絶ったと米メディアが報じた。メジャーリーグ入りを目指した亡命である可能性が高いという。

 巨人の球団関係者によると、19日に職員が羽田空港まで見送った際、本人が搭乗したところまでは確認。その後のことは不明だという。

 一軍出場は4試合で7打数無安打。二軍では28試合で打率・234、4本塁打で、117打席中37三振を食らった。数字はパッとしないが、突然の巨人の解雇を含め、おかしなことだらけだった。

 キューバ国内リーグ打点王など、輝かしい実績を引っさげて開幕後の4月に来日した時は「日本の野球は疑いようもなく地球一。最終的には一軍で活躍したい」と意気込んでいた。堤GMは「大切に育てないと」と将来性を見込んだ獲得だとし、数年かけて主砲に育てるため、経験を積ませる方針としていた。それだけに、わずか4カ月でシーズン途中にクビを切ったのは不可解である。「総合的に見て育成できるかどうか考えた時、そこまでのポテンシャルがないのかなと判断した」と同GMは説明したものの、二軍関係者はこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る