“変則フォーム”で好投 Dバックス3A・中後悠平は昇格間近

公開日:  更新日:

 誰がこのような好投を予想しただろうか。元ロッテの横手投げ左腕・中後悠平(26)が、ダイヤモンドバックス傘下3Aで活躍している。昨オフにロッテをクビになると、独立リーグを経て、3月にダイヤモンドバックスとマイナー契約。最下層のルーキーリーグからスタートして去る3日に昇格した3Aでは、もっか11試合で自責点はゼロだ。

 ロッテ時代はMAX151キロの速球とキレ味鋭いスライダーを武器にしながら、「行き先はボールに聞いてくれ」という制球難。プロ通算25回3分の1で27四死球だった。それが3Aでは7回3分の2でわずか1四球なのだ。

「メジャーは日本に比べて、ストライクゾーンが外角に広い。日本で外国人投手が苦しむのと逆に、中後はその恩恵を受けている」(メジャースカウト)

 横手投げの変則フォームは外国人相手には武器になる。数年前、ヤクルトのバレンティンと当時在籍していたミレッジが担当記者と雑談中、「日本で打ちにくい投手はいるか?」と聞かれた。2人が挙げたのが、西武のアンダースロー右腕・牧田とDeNAの横手投げ右腕・加賀。中でも加賀にはお手上げだったらしく、「あんなフォーム、打てるか!」と2人で爆笑していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る