• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“変則フォーム”で好投 Dバックス3A・中後悠平は昇格間近

 誰がこのような好投を予想しただろうか。元ロッテの横手投げ左腕・中後悠平(26)が、ダイヤモンドバックス傘下3Aで活躍している。昨オフにロッテをクビになると、独立リーグを経て、3月にダイヤモンドバックスとマイナー契約。最下層のルーキーリーグからスタートして去る3日に昇格した3Aでは、もっか11試合で自責点はゼロだ。

 ロッテ時代はMAX151キロの速球とキレ味鋭いスライダーを武器にしながら、「行き先はボールに聞いてくれ」という制球難。プロ通算25回3分の1で27四死球だった。それが3Aでは7回3分の2でわずか1四球なのだ。

「メジャーは日本に比べて、ストライクゾーンが外角に広い。日本で外国人投手が苦しむのと逆に、中後はその恩恵を受けている」(メジャースカウト)

 横手投げの変則フォームは外国人相手には武器になる。数年前、ヤクルトのバレンティンと当時在籍していたミレッジが担当記者と雑談中、「日本で打ちにくい投手はいるか?」と聞かれた。2人が挙げたのが、西武のアンダースロー右腕・牧田とDeNAの横手投げ右腕・加賀。中でも加賀にはお手上げだったらしく、「あんなフォーム、打てるか!」と2人で爆笑していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る