“オレ流”も3年芽が出ず 中日落合GMは米ならとっくにクビ

公開日:  更新日:

「メジャーならとっくにクビ、少なくとも今季限りで解任されなければおかしい」

 中日の落合GM(62)に関してこう話すのは、米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏だ。

 9日、事実上「クビ」になった谷繁監督。ならば、チーム編成を預かるGMもクビになってしかるべきと言うのだ。

「GMはチーム強化に携わる監督人事やドラフト戦略を一手に握っているだけに、失敗した時の責任も重大です。常勝球団なら2年、弱小チームでも3年を区切りに評価される。例えば13年にワールドシリーズを制覇したレッドソックスは14、15年と地区最下位。当時のチェリントンGMは15年の8月に解任された。カブスのヘンドリーGMも任期途中の11年8月に解雇されている。仮にGMが育成中心で若いマイナー選手を鍛えていく方針であっても、3年で芽が出ないようならばクビは免れません」(友成氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る