日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大木勝年
著者のコラム一覧
大木勝年

1949年、千葉県生まれ。成東高、早大を経て70年に投手としてヤクルト入団。74年限りで引退し、フロント入り。83年から査定担当となり、要職を経て2010年に球団常務。12年3月に退任するまで38年間、フロントマンを務めた。現在は白鴎大非常勤講師。

稼働率、実績加算…選手査定で用いる“方程式”の中身

リリーフ投手は肩をつくった回数も査定材料に(C)日刊ゲンダイ

 年俸はいかにして決まるのか。なぜ、この選手は1000万円アップになって、別の選手は500万円ダウンするのか。

 その年ごとに設定された年俸総額の大枠のなかで、球団と選手がきちんと合意するため、金額決定は厳密に行われています。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事