永井良和
著者のコラム一覧
永井良和アブレイズ千葉SC

1952年4月16日 埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。市立浦和南高時代に総体、高校選手権、国体の3冠を達成。快速FWとして知られ、人気アニメ「赤き血のイレブン」の主人公・玉井真吾のモデルとなった。古川電工(現千葉)で日本リーグ272試合出場・63得点。19歳で日本代表入り。国際Aマッチ通算69試合出場・9得点。日本ユース代表、千葉、新潟監督など歴任。現千葉アンバサダー。NPO法人・アブレイズ千葉SC理事長兼総監督。12年に日本サッカー殿堂入り。

<第11回>浦和の攻撃サッカー放棄が鹿島に火をつけた

公開日: 更新日:
J1王者になった鹿島(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 J1リーグのチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦(3日)は、年間勝ち点1位の浦和に先制されながら、同3位の鹿島がFW金崎夢生の2ゴールで逆転勝ちした。

 通算1勝1敗とイーブンに終わったが、敵地の埼スタで2点を奪った鹿島が「アウェーゴール2倍ルール…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る