日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
永井良和
著者のコラム一覧
永井良和アブレイズ千葉SC

1952年4月16日 埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。市立浦和南高時代に総体、高校選手権、国体の3冠を達成。快速FWとして知られ、人気アニメ「赤き血のイレブン」の主人公・玉井真吾のモデルとなった。古川電工(現千葉)で日本リーグ272試合出場・63得点。19歳で日本代表入り。国際Aマッチ通算69試合出場・9得点。日本ユース代表、千葉、新潟監督など歴任。現千葉アンバサダー。NPO法人・アブレイズ千葉SC理事長兼総監督。12年に日本サッカー殿堂入り。

<第11回>浦和の攻撃サッカー放棄が鹿島に火をつけた

J1王者になった鹿島(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 J1リーグのチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦(3日)は、年間勝ち点1位の浦和に先制されながら、同3位の鹿島がFW金崎夢生の2ゴールで逆転勝ちした。

 通算1勝1敗とイーブンに終わったが、敵地の埼スタで2点を奪った鹿島が「アウェーゴール2倍ルール…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事