本田圭佑の“手術痕”は…気になる「バセドー病」の症状と術後

公開日:  更新日:

 サッカーW杯日本代表のエース本田圭佑(27)の喉仏下10センチの“手術痕”が話題だ。
 以前から噂になっていたバセドー病の症状が進み、甲状腺の切除手術に踏み切ったのではと、取り沙汰されている。
 このところの不振は、その影響なのか。

 本田自身が口をつぐんでいるため、コトの真偽は不明だが、気になるのはこのバセドー病という病気だ。甲状腺疾患専門の「金地病院」の山田恵美子院長(甲状腺外科)に聞いた。

「バセドー病は、喉仏の下にある甲状腺を自分の異物とみなして刺激し続けることで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患です。甲状腺ホルモンは代謝を活性化させる働きがあり、大量に食べているが痩せてくる、心臓がドキドキする、目が腫れる、眼球が飛び出す、手が震える、大量に汗をかく、といった症状が表れる。頻脈から心不全となり突然死することもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る