本田圭佑の“手術痕”は…気になる「バセドー病」の症状と術後

公開日: 更新日:

 サッカーW杯日本代表のエース本田圭佑(27)の喉仏下10センチの“手術痕”が話題だ。
 以前から噂になっていたバセドー病の症状が進み、甲状腺の切除手術に踏み切ったのではと、取り沙汰されている。
 このところの不振は、その影響なのか。

 本田自身が口をつぐんでいるため、コトの真偽は不明だが、気になるのはこのバセドー病という病気だ。甲状腺疾患専門の「金地病院」の山田恵美子院長(甲状腺外科)に聞いた。

「バセドー病は、喉仏の下にある甲状腺を自分の異物とみなして刺激し続けることで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患です。甲状腺ホルモンは代謝を活性化させる働きがあり、大量に食べているが痩せてくる、心臓がドキドキする、目が腫れる、眼球が飛び出す、手が震える、大量に汗をかく、といった症状が表れる。頻脈から心不全となり突然死することもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る