大木勝年
著者のコラム一覧
大木勝年

1949年、千葉県生まれ。成東高、早大を経て70年に投手としてヤクルト入団。74年限りで引退し、フロント入り。83年から査定担当となり、要職を経て2010年に球団常務。12年3月に退任するまで38年間、フロントマンを務めた。現在は白鴎大非常勤講師。

分厚い資料を手に館山選手が切り出したデータに驚いた

公開日: 更新日:
館山選手は09年に最多勝を獲得するなど活躍した(C)日刊ゲンダイ

 前回、査定は方程式を用いるなどして、厳密に金額を算定していると記しました。ただ、実際の交渉の席で金額を上積みする場合もあります。

 2007年にはこんなことがありました。当時、若手成長株だった館山昌平投手の年俸を最初の提示額よりも、300万円増額し…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る