日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
永井良和
著者のコラム一覧
永井良和アブレイズ千葉SC

1952年4月16日 埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。市立浦和南高時代に総体、高校選手権、国体の3冠を達成。快速FWとして知られ、人気アニメ「赤き血のイレブン」の主人公・玉井真吾のモデルとなった。古川電工(現千葉)で日本リーグ272試合出場・63得点。19歳で日本代表入り。国際Aマッチ通算69試合出場・9得点。日本ユース代表、千葉、新潟監督など歴任。現千葉アンバサダー。NPO法人・アブレイズ千葉SC理事長兼総監督。12年に日本サッカー殿堂入り。

<第13回>Jリーグをつくった先輩の亡きがらは温かかった

木之本さんの遺影を抱く筆者(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 古河電工サッカー部のチームメートだった木之本興三さんが亡くなった15日午後、私は総監督を務めるアブレイズ千葉SCのミーティングを行っていた。携帯に着信があった。木之本さんが社長を務める会社(エス・シー・エス)の女性社員にかけ直すと「木之本さんが危篤です」と聞かされた。入院先の千…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事